【ストップモーション】コマ撮りムービー、サンプル作ってみました!

こんばんは、chichiton14です。
今回は僕が今後極めていきたいと思っているストップモーションの特集をしたいと思います。

ストップモーションとは?

コマ撮りムービーとも呼ばれていますね。
要するに静止画である写真を何枚も撮影し、映像として流すというものです。
今、結婚式の余興などで使用される人気の手法だそうです。
僕は2014年に結婚式を挙げたのですが、オープニングの映像としてストップモーションを使用しました。
撮影は3日行われ、トータルで5時間くらいかかりました。
それでも映像にして3分ちょっとという時間になりました。
今回サンプルで子どもの4か月記念のストップモーションを作成してみましたので貼っておきます。

まだまだの内容だとは思いますが、みんなが楽しめるような動画が作れるようになれればと思っています。

必要なもの

・カメラ
撮影するために必要です。
余裕があればですが、固定させるために三脚があったほうがよりきれいに撮影できるかもしれません。

・パソコン
写真を編集するために必要です。

・作りきるという気持ち
撮影は時間がかかります。
そのため途中で折れない気持ちが必要になります。
僕が貼っているまだまだの動画でさえ2時間ほどかかりました。

最低限この3点があればひとまず動画は完成すると思います。
あとはもっとこうしたいというのが出てくるとソフトや小物にお金をかける必要が出てくるかもしれませんね。

作成方法

①完成した時の映像イメージを作る
まずは、完成イメージを自分で構成してみるのがいいと思います。
僕は発想力が乏しいため意外とここでてこずります。

②イメージに沿って撮影していく
ここが一番大変な作業になります。
とにかく地道に撮りまくるしかないです。
失敗したと思った写真はすぐ削除したほうが後で編集しやすくなります。

③写真を編集する
有料でいろんな機能がついているものもありますが、最初のうちは無料のムービーメーカーというのがありますので、そちらで編集されるのがよいかと思います。
ムービーメーカーの場合ですが、撮った写真をパソコンに取り込んだ後、必要な写真をムービーメーカーに並べていきます。
写真1枚に対する表示時間を決められますのでちょうどいいと思われる時間を設定します。
僕は0.75秒で設定しました。
映像で流す音楽を決めて保存すれば完成です。

まとめ

ストップモーションは発想と最後まで撮りきる根性があれば誰でもできるものだと思います。
頭を使ったり技術が大事なものではないと思いますので1度作ってみると意外と楽しいかもしれません。